食品偽装表示とは何か

食品偽装表示とは何か

TOPページ 食品偽装表示の歴史 > 食品偽装表示とは何か

 

食品偽装表示とは何か

今世紀に入ってから、特にここ数年は食品偽装表示と汚染食材、賞味期限切れ食材販売の問題が大々的にクローズアップされてきました。ざっと記憶を辿るだけでも次のような事件がありました。

○雪印牛肉偽装事件(2001年):オーストラリア産の牛肉を国産と偽って販売。国産でも北海道産の牛肉を熊本産や奈良産と偽って販売。

○牛肉偽装事件(2004年):大手の牛肉卸業者が、国内産と偽り米国産の牛肉を処分、国から補助金を偽った事件。

○魚沼産コシヒカリ偽装表示事件(2004年):魚沼産のコシヒカリの全出荷量に対し市場集荷数が余りにも多いことから発覚した事件。

○讃岐うどん偽装表示事件(2004年):香川県産の小麦粉を使用せずKブランドとして偽った事件。

○アサリ不当表示事件(2005年):中国、北朝鮮で採取されたアサリを国内産と表示した事件。

○産地品種銘柄米偽造事件(2006年):東大阪市の「日本ライス」が産地品種銘柄米と偽りくず米を販売した事件。

○ミートホープ卸し肉偽装事件(2007年):牛挽肉に異物を混入させたにも関わらず牛挽肉と偽って販売していた事件で、同社は他にも輸入した鶏肉を国産鶏肉として給食業者などに販売していた。

○比内鶏偽装事件(2007年):鶏卸業者である比内鶏社が卵を埋めなくなった鶏(廃鶏)を比内地鶏と偽って販売していた事件で同社は秋田県警による家宅捜索を受けた。

○船場吉兆偽装事件(2007年):船場吉兆本店料亭でで出されたすき焼きを実際は佐賀牛にも関わらず但馬牛・三田牛と偽っていた事件で、同社は消費期限改ざんなども行っており、大阪府警による家宅捜索を受けた。

(以上、 出典 Wikipedia)

どれもこれも、ニセモノや粗悪品を上等品として表示、販売していた例ですが、これらが何故悪いかと言えば、まず食品表示に関する法律に抵触していること。(これについては次項で詳しく解説します。)

もうひとつは消費者の信頼を裏切り、不当に利益を得ていたことです。 さらに「食品安全」という視点まで広げると、基準値を上回る農薬などが検出される中国産食品の危険性や、雪印(乳製品)、石屋製菓(白い恋人)、不二家(シュークリームなど)などの賞味期限切れ商品の販売、最悪の場合は食中毒の発生。数十年も前から問題視されてきた食品添加物の問題など枚挙にいとまがありません。

しかし、業者だけを一方的に悪者にするのは、ある意味では不公平なのです。偽装の根源を考察すれば、希少価値が高く市場にほとんど流通していない食品(いわゆるブランド食品)を買いたいという消費者の要望や、食費を少しでも安くあげたいという家計の事情などがあります。食品メーカーや小売業者は、安く販売し、かつ利幅は大きくしたい。廃棄在庫は出来るだけ少なくしたい。こうした背景が偽装や賞味期限ラベルの張り替えなどの行為を惹起するのです。

消費者の間では、一時期のグルメブームとその後のヘルシーブームの影響、そして不況による台所事情があって、高級品を求める志向と、安い食品を求める志向が混在しています。食品偽装はこれらの背反する消費者心理を突いて発生してくるのです。

ページトップへ↑